記事一覧

減価償却とは

複式簿記の特徴的な処理に「減価償却」というものがあります。これは、長期間にわたって使うことのできる資産(固定資産と言います)の原価(購入代金)を、使うことのできる期間に按分する手続となります。なお、長期間にわたって使うことのできる資産を、資産に計上するのではなく買った時点で費用とする方法も、家計管理上は適切な方法ですが、ここでは固定資産とした場合の処理の考え方を説明しますので、そのような方法につい...

続きを読む

収入と支出、収益と費用

4回目「収益と費用、資産と負債と資本」で「収益」と「費用」についてご説明しました。それと似た言葉に「収入」と「支出」というものがあります。簿記ではこの違いは明確なので混同しないようにしてください。なお、収益・費用をあわせて「損益」、収入と支出をあわせて「収支」と呼びます。「収益」と「費用」が価値の増減を意味するのに対し、「収入」と「支出」は現金の増減を意味します。例えば、1000円の食事をして現金で支...

続きを読む

簿記の基礎のまとめ

簿記の基礎として、7回にわたって以下のテーマでご説明しました。1回目「複式簿記とは」2回目「損益計算書と貸借対照表」3回目「勘定科目」4回目「収益と費用、資産と負債と資本」5回目「仕訳と借方、貸方」6回目「仕訳と勘定科目」7回目「仕訳についての補足」簿記の基本ルールはこれがすべてです。日商簿記検定も企業会計もすべてこの基本ルールをベースに行われています。もちろんこれはあくまでも基本ルールであって、この上に...

続きを読む

仕訳について補足

仕訳について一点補足説明をしておきます。これまで、簿記では、取引を原因と結果に分けて記録し、勘定科目は原因用と結果用に分かれているとご説明しました。そのため、これまでの例では原因と結果が必ずセットになるような取引となっていましたが、そうではないケースも多々あります。例えば、「お金を払ってテレビを買った」という場合、お金もテレビも資産であり、資産は結果用の勘定科目とご説明したので、これまでの書き方で...

続きを読む

仕訳と勘定科目

仕訳は以下のように記載するとお伝えしましました。(借)ランチ 500円 (貸)お金 500円ここでは原因であるランチを左側(借方)、結果であるお金を右側(貸方)に記載しています。この「左右のどちらに書くか」というのが大変重要であり、これは勘定科目の種類ごとにルールが決められています。勘定科目の種類ごとに、基本となる位置(貸方か借方か)は以下の通りです。資産=左(借方)負債=右(貸方)資本=右(貸方)収益...

続きを読む

PR

プロフィール

mgm.shg

Author:mgm.shg
企業会計より家計簿が好きな公認会計士です。複式家計簿というAndroidアプリを作ってます。

よくある質問はこちら

Twitterもやってます。よかったらフォローしてください。
@fukushiki2014

カウンター