fc2ブログ

記事一覧

インポート機能の仕様

現在のベータ版でのインポート機能の説明となります。正式版とは内容が異なりますのでご注意ください。

テキストファイルから仕訳データをインポートする方法をご説明します。
インポートできるデータは仕訳データのみとなります。(科目データはデータ仕様が複雑なためテキストデータを矛盾なく作成することが困難なため画面で入力してください。)
なお、データの適切性はチェックしていますが、想定外の原因で処理が不正終了する可能性がありますので、処理を実行する前に必ずバックアップを取るようにしてください。

インポートは「メニュー→その他の設定/各種操作→データのインポート」から行います。
データファイルは下記の2種類のフォームが用意されています。(フォームは画面から出力できます。)

①貸方、借方両方の科目をデータファイルから読み取ります。(仕訳1)
②貸方、借方一方の科目のみをデータファイルから読み取り、相手科目は画面上で指定します。(仕訳2)

①のフォームは通常の仕訳データのイメージで、貸借を別の行に表現した形式となります。
②のフォームは現金や預金など、限定された科目のみの取引が登録される通常の家計簿アプリからデータを移行する場合に使用することを想定しています。

インポートでは新規にデータを登録する以外に、既存のデータの更新・削除も可能です。方法は後述します。
データファイルは内部ストレージのFukushikiフォルダに保存されていることを前提とします。
Fukushikiフォルダは一度でもバックアップを取ると自動で作成されます。もしFukushikiフォルダがない場合は手動バックアップを実行してください。
インポート処理後にFukushikiフォルダにログファイル(Log.txt)が作成され、処理結果を確認することができますので、処理後に必ず確認するようにしてください。

(データファイルの作成方法)
・ファイル形式はCSVファイル(カンマ区切り)です。フォームをExcelやテキストエディタ(メモ帳など)で開いて、該当の項目にデータを入力して作成してください。
・エクスポートしたデータは各項目が""で括られていますが、インポートするデータが括られている必要はありません。但し、金額やメモなどでカンマが使用されている場合、""で括られていないとデータの区切り文字と判断してエラーとなる可能性があるので、カンマを使用している項目は""で括るようにしてください。
・文字コードはShift-JISとなります。Excelで作成する場合は特に考慮する必要はありません。Excel以外で作成する場合は文字コードが異なると文字化けする可能性がありますので、文字コードにご留意ください。
・エクスポートしたデータをExcelで開くと、仕訳Noが1E+99のように表示されることがあります(指数表示と言います)。Excelの仕様で長い数値はこのように表示されてしまい、このまま保存するとこの文字のまま保存され、データが正しく読み取れなくなります。このような場合はExcelではなくメモ帳などのテキストエディタで開いてください。
・一度に処理できる件数は1000件までとなっています。データファイルに1000件以上のデータがある場合は1001件目移行は処理されないのでご注意ください。
・フォームはエクスポート用のフォームと共通のため(shiwake1のフォームの場合)、インポート処理に必要ない項目が含まれています。インポートする際は下記の項目を入力してください。(これ以外の項目にデータが入力されていても無視されます。)
①行番号…入力が無くてもエラーとはなりませんが、ログで「○行目」とデータを特定するために使用しますので、行を特定できる番号を入力してください。
②仕訳No…入力された仕訳Noが既に存在する場合は更新・削除処理を行い、存在しない場合は登録処理を行います。なお、従来の仕様では登録時には仕訳Noをブランクにしていただいていましたが、現在の仕様では貸借のデータを別の行に記載していただくことになっていますので、同一仕訳の行であることを明確にするために、仕訳Noは必ず値を入れていただくことし、ブランクの場合はエラーとなりますのでご注意ください。値は何でもよく、すでにその番号の仕訳Noがあれば更新・削除、なければ登録と判定します。
③仕訳日…yyyy/mm/ddの形式で入力してください。2014/1/1でも2014/01/01でも登録可能ですが、20140101や14/01/01、2014年1月1日などはエラーとなります。
④アカウントコード…初期登録されたアカウントのみを使用する場合は0を入力してください。複数のアカウントを使用する場合は、各アカウントのデータを作成し、エクスポートしてコードを確認してください。
⑤通貨コード…初期登録された通貨のみを使用する場合は0を入力してください。複数の通貨を使用する場合は、各通貨のデータを作成し、エクスポートしてコードを確認してください。
⑥貸借(仕訳1の場合)…「借」または「貸」を入力してください。
⑦科目コード、補助科目コード…科目データをエクスポートしてコードを確認してください。補助科目が設定されていない科目の補助科目は未入力または0を入力してください。存在しない科目コードが入力された場合はエラーとなります。
⑧金額…1億円(絶対値)未満の金額を入力してください。""で括られていればカンマ区切りの金額も可能です。マイナスの金額が入力されている場合は貸借を逆にして登録されます。
⑨数量…棚卸資産や有価証券の場合に入力してください。科目の種類との整合性は確認しませんので、不整合(金額が1円なのに数量が2個など)が生じた場合にアプリが正常に機能しなくなる可能性がありますので、ご留意ください。
⑩外貨通貨コード…外貨建て取引の場合、外貨の通貨コードを入力してください。入力されたコードが存在しない場合はエラーとなります。アカウントコードが0以外の場合(外貨建てアカウント)の場合は入力値に関わらず登録されません。
⑪外貨金額…外貨建て取引の場合、外貨の金額を入力してください。通貨の設定で小数を入力するとなっている場合は小数の入力が可能です。小数を入力する設定となっていない場合は小数が入力されても切り捨てられます。
⑫メモ…入力内容をそのまま登録します。
⑬関連仕訳No…クレジットの使用仕訳と決済仕訳、固定資産の計上仕訳と償却仕訳のように、互いに関連性のある仕訳の場合に、子仕訳側に親仕訳の仕訳Noを保持しており、その仕訳Noを入力します。ただし、決済仕訳は使用仕訳の登録で自動で作成されるので、決済仕訳を手作成する必要はありません。償却仕訳は自動で作成されませんが、計上仕訳を登録した上で、一度仕訳の修正処理をすると、償却仕訳を再作成できますので、再作成した方が早いと思います。

(その他の留意事項)
・shiwake2の様式は画面で貸借と相手科目を選択します。貸借はデータファイルの科目について指定してください。
・貸方にクレジットの科目を入力した場合は決済仕訳を自動で登録します。
・固定資産の科目を入力した場合も償却仕訳は計上されません。

(更新処理)
既存のデータを修正します。
先にデータをエクスポートし、エクスポートしたデータファイルに必要な修正を加えて保存し、インポート処理を実行してください。
エクスポートとインポートに共通するフォームはshiwake1のフォームのみとなります。
shiwake2はインポート専用、shiwake3はエクスポート専用のフォームとなります。(shiwake3は貸方と借方を同一行に表示する形式)
更新処理で使用する項目は上記と同様です。
固定資産とクレジットのデータを修正しても償却仕訳、決済仕訳を自動では変更・削除しません。
修正内容によってはデータが不整合となる場合がありますので、ご注意ください。

(削除処理)
既存のデータを削除します。
先にデータをエクスポートし、エクスポートしたデータファイルの削除欄(一番右の項目)に半角で「1」を入力して保存し、インポート処理を実行してください。
削除処理で使用する項目は仕訳Noと削除欄のみとなります。

(外貨建てアカウント)
外貨建てアカウントの場合、外貨用の仕訳と、当該仕訳を円換算した仕訳をそれぞれ作成する必要があります。
つまり、貸借1行ずつの外貨建ての仕訳の場合、shiwake1のフォームでは外貨用で2行、円貨用で2行の計4行のデータが必要となります。
外貨用は通貨コードに当該外貨の通貨コードを、円貨用は通貨コードに0(円貨の通貨コードになります)を入力し、あとは金額をそれぞれ外貨金額、円貨金額としてください。
円貨用の仕訳がなくても表示されないだけなので、仕訳がないことでエラーにはなりません。
外貨通貨コード、外貨金額は、円貨建てアカウントでの外貨建て取引の入力時に使用するので、外貨建てアカウントの場合はデータが入力されても無視されます。

処理が不正終了した場合は、ファイルのデータを減らして再度実行して下さい。
データを正しく作成しても処理が正しく行われない場合は、データをお送りいただければ調査し、対応いたします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

mgm.shg(開発者)

Author:mgm.shg(開発者)
企業会計より家計簿が好きな公認会計士です。複式家計簿というAndroidアプリを作ってます。

よくある質問はこちら

Twitterもやってます。よかったらフォローしてください。
@fukushiki2014

カウンター