記事一覧

複式簿記とは

簿記というのは、経済活動(お金に関する活動)を一定のルールに従って帳簿に記録することです。
複式簿記というのは、この記録を下記の2つの見方で行う方法です。

① 取引の原因
② 取引の結果


※簿記では記録の対象となる経済活動のことを「取引」といいます。

例えば、「500円のランチを食べた」という取引はこのようになります。

(原因)500円のランチを食べた
(結果)お金が500円減った



また、「お小遣いを1000円もらった」という取引はこのようになります。

(原因)お小遣いを1000円もらった
(結果)お金が1000円増えた


このように記録したデータを、原因と結果ごとに集計します。
原因を集計することで、ある期間(例えば一ヶ月間)でのどのような取引が生じ、お金が増減したのかが明確になります。

(原因)
ランチ △500円
お小遣い +1000円
増減 +500円


また、結果であるお金の増減を集計し、それに前月のお金の残高を加算することで、当月末のお金の残高が計算されます。

(結果)
前月残高 1000円
増加 +1000円
減少 △500円
当月残高 +1500円


このように、原因と結果という2つの見方で記録し、その結果を集計することで、ある期間の増減の理由を把握するとともに、ある時点の残高を把握することが可能となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

mgm.shg

Author:mgm.shg
企業会計より家計簿が好きな公認会計士です。複式家計簿というAndroidアプリを作ってます。

よくある質問はこちら

Twitterもやってます。よかったらフォローしてください。
@fukushiki2014

カウンター