記事一覧

仕訳と勘定科目

仕訳は以下のように記載するとお伝えしましました。

(借)ランチ 500円 (貸)お金 500円

ここでは原因であるランチを左側(借方)、結果であるお金を右側(貸方)に記載しています。
この「左右のどちらに書くか」というのが大変重要であり、これは勘定科目の種類ごとにルールが決められています。
勘定科目の種類ごとに、基本となる位置(貸方か借方か)は以下の通りです。

資産=左(借方)
負債=右(貸方)
資本=右(貸方)
収益=右(貸方)

費用=左(借方)

「基本となる位置」と申し上げたのは、プラスの値の場合にここに書くということで、これがマイナスになる場合は逆側に書かれることになります。
そのため、上の仕訳では、お金は資産ですが、ここでは減少しているので右側(貸方)に書かれています。
ランチは費用で、増減の理由となるものであり、それ自体が減少を意味するので、減少を意味する上の仕訳では基本の位置に書かれることになります。
費用や収益などの原因用の勘定科目は基本の位置に書くことが多いですが、例えば「飲み代10000円を一旦立て替えて払って、その後メンバーから7000円を回収した」という場合は、一旦10000円を飲み代として記録し、その後7000円分を取り消すような書き方が考えられ、その場合は以下のように費用であっても逆側に書くことがあります。

① (借)飲み代 10000円 (貸)お金 10000円
② (借)お金 7000円 (貸)飲み代 7000円


損益計算書と貸借対照表は原因と結果ごとに集計するとご説明しましたが、借方と貸方に分かれた場合はそれぞれを差し引き計算することになるので、最終的に飲み代は3000円として損益計算書に記載されることになります。

勘定科目ごとに借方と貸方のどちらに書けばいいか覚えにくいですが、このように考えてください。

結果用の勘定科目である資産、負債、資本は、
・資産は左側(借方)(これは他の勘定科目の位置を決める基準となるので、これは決め打ちとして暗記してください。)
・負債は資産のプラスマイナスが逆の概念なので、資産の逆の右側(貸方)
・資本は資産と負債の差額だが、通常は資産>負債となるはずで、資産=負債+資本という式が成り立つことから、負債と同じ右側(貸方)
(住宅ローンがあって負債の方が全然多いよ!という人は、家という資産があることを忘れないで下さい。)

原因用の勘定科目である収益と費用
・収益は資産の増加に対応するので、資産とは逆の右側(貸方)
・費用はその逆の左側(借方)


となります。
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

ご指摘ありがとうございます。
誤字、修正しました。

簿記は机上で勉強してるだけだと、理解はしてもその便利さをなかなか実感し辛いと思いますので、自分のお金を簿記で管理することでその便利さを知っていただけたらと思っています。
今後ともよろしくお願い致します

費用=右になってますよー
簿記の勉強始めたばかりなので使わせて貰ってます
いいですね!これ

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

mgm.shg

Author:mgm.shg
企業会計より家計簿が好きな公認会計士です。複式家計簿というAndroidアプリを作ってます。

よくある質問はこちら

Twitterもやってます。よかったらフォローしてください。
@fukushiki2014

カウンター