記事一覧

仕訳と借方、貸方

これまで、取引(経済活動)を以下のように記載していました。(原因)ランチ 500円(結果)お金 △500円簿記ではこの書き方にルールがあり、以下のように記載することになっています。(借方)ランチ 500円 (貸方)お金 500円これは、左右に分けて記載し、左側を「借方」、右側を「貸方」と呼ぶということで、実際には以下のように色々な書き方があります。(借)ランチ 500円 (貸)お金 500円ランチ500円/お金 500円※...

続きを読む

収益と費用、資産と負債と資本

勘定科目は原因用と結果用にあらかじめ区分されているとお伝えしました。実はこの区分は原因と結果の2つではなく、それぞれさらに複数の区分に分かれており、全体では下記の5つに分かれています。<原因用>① 収益② 費用<結果用>① 資産② 負債③ 資本(純資産)それぞれの区分の意味は下記の通りです。(説明の都合上、結果用から先にご説明します。)資産現金や預金など、いわゆる「資産」です。お金や土地・建物、株券など通常資...

続きを読む

勘定科目

複式簿記で取引を記録する際には、取引を原因と結果の2つの見方で下記のように記録するとご説明しました。(原因)500円のランチを食べた(結果)お金が500円減ったしかし、このような書き方では入力や集計がし辛いので、記録する際は内容わかりやすく、極力シンプルに、下記のように記録にします。(原因)ランチ 500円(結果)お金 △500円この「ランチ」や「お金」のことを「勘定科目」と呼びます。(あるいは単に「科目」や「...

続きを読む

損益計算書と貸借対照表

前回、一つの取引を原因と結果に分けて記録と、原因を集計することである期間の増減の理由を把握するとともに、結果を集計することである時点の残高を把握することができるようになるということをご説明しました。複式簿記ではそれぞれの集計表の名前が決まっていて、原因の集計表のことを「損益計算書」、結果の集計表のことを「貸借対照表」と呼んでいます。損益計算書はP/L、貸借対照表はB/Sと略されています。(P/L:Profit an...

続きを読む

複式簿記とは

簿記というのは、経済活動(お金に関する活動)を一定のルールに従って帳簿に記録することです。複式簿記というのは、この記録を下記の2つの見方で行う方法です。① 取引の原因② 取引の結果※簿記では記録の対象となる経済活動のことを「取引」といいます。例えば、「500円のランチを食べた」という取引はこのようになります。(原因)500円のランチを食べた(結果)お金が500円減ったまた、「お小遣いを1000円もらった」という取引...

続きを読む

PR

プロフィール

mgm.shg

Author:mgm.shg
企業会計より家計簿が好きな公認会計士です。複式家計簿というAndroidアプリを作ってます。

よくある質問はこちら

Twitterもやってます。よかったらフォローしてください。
@fukushiki2014

カウンター